シュテファン・シュピーヘル

Blossom
Blossom

2014 3-part composition, lacquer and gold leaf on aluminium 150 x 180 cm, 59' x 70'8 inches

press to zoom
Blossom
Blossom

2013 lacquer and gold leaf on aluminium 150 x 50 cm, 59' x 19'6 inches

press to zoom
After Monet
After Monet

2010 2-part composition, lacquer on aluminium, 140 x 150 cm 55'1 x 59' inches

press to zoom
Blossom
Blossom

2014 3-part composition, lacquer and gold leaf on aluminium 150 x 180 cm, 59' x 70'8 inches

press to zoom

シュテファン・シュピーヘルについて

シュテファン・シュピーヘルは、スイス国バーゼルで1950年に生まれ、バーゼルで美術教育を受 け、ヨーロッパ有数の著名な芸術センターにて芸術を学びました。シュピーヘルが師事したイタリ ア人画家であるベッペ・アセンザは、有名な革新的芸術家でした。その画法において、色彩とフォ ルムの役割を認識することに多くの注意を払うことを学び、その技術がシュピーヘル作品の基礎 となっています。一方、欧州、アジアの様々な国において長期滞在による彼の創作の発展に影響を 与えました。特に台湾、インドネシア(バリ島)、日本の影響は、シュピーヘルにとって大きな体験 となっています。シュピーヘル作品の基本コンセプトには、「スピリチュアル・ミニマリズム」を 唱え、東洋美術の伝統から多くを吸収し取り入れたコンセプトに当たります。この経緯から彼の 作品には、自身が会得したヨーロッパの流儀や東洋の伝統を合わせた特徴を継承し、多元芸術主 義に基づいた新しい現代美術のフォルムを生み出しています。線と均衡の美しさと明瞭さ、色調と 表面の交番がなすリズムに特別な注意を払い、古典的平面芸術の様式を用いながら、多くの要素 からなる作品を創造と実験をおこなっています。もっとも重要なシュピーヘル作品の要素には、多 種の素材を使用した彼の実験 (紙、金属、ペイント、アクリルガラス等を利用した複合技法)であるといえるでしょう。