イトウナホ​

- ある言葉-すべて私と同時的なる純粋な関係 -

特に劇的でもない日々の言葉が、あるいは私達を造ったのだ。 私とほかの人とが交わす言葉、私の中で私が私と交わす言 葉、ほかの人がほかの人と交わす言葉。 それらの言葉たちから目を逸らさずにいると、私の中に襞が生まれる。 言葉を巡 らすごとに複雑に、揺らぎながら、織り成される襞、襞、襞。 探り合い、交錯する言葉たち。行きつ戻りつあるいは立ち 止まり、そんな常の迷走の中で、また誰かの言葉に出会い、それは私の襞に 沁み入る。感受した情感や思考の断片は、織 り成された襞を巡りゆく。 人と人とは、それぞれのそんな無数の襞を持ち合うことによって、より繊細に理解し合うこと が可能

なの ではないか このシリーズは、そんな様々な言葉のやりとりを、絵画の言葉で辿ろうと試みたものです。日々の何気ない言葉、あるいは 心を揺さぶる言葉、発せられなかった言葉、絶句も含めた言葉の姿と 可能性。そして、その行間にかいま見る、光。それ を表現することが少しでも叶っていることを願って。 サブタイトル「すべて私と同時的なる純粋な関係」、ここで言う 「私」とは、すべての私、つまりこれを 見ているあなたのことだと、そう思ってご高覧頂けましたら幸いです。

 

イトウナホ