KAZZ 森下

The Kazz Moon
The Kazz Moon

Torii, Miyajima 2018 Gelatin silver print exposed with Moonlight 240 × 80 cm, edition 5 framed Copyright © 2019 AN INC. All rights reserved

press to zoom
The Kazz Moon
The Kazz Moon

Welcome to Fabulous Las Vegas Sign, Las Vegas 2018 Gelatin silver print exposed with Moonlight 240 × 80 cm, edition 5 framed Copyright © 2019 AN INC. All rights reserved

press to zoom
The Kazz Moon
The Kazz Moon

Woljeonggyo Bridge, Gyeongju 2018 Gelatin silver print exposed with Moonlight 80 x 240 cm, edition 5 framed Copyright © 2019 AN INC. All rights reserved

press to zoom
The Kazz Moon
The Kazz Moon

Torii, Miyajima 2018 Gelatin silver print exposed with Moonlight 240 × 80 cm, edition 5 framed Copyright © 2019 AN INC. All rights reserved

press to zoom

KAZZ MOONは、世界で初めて月明かりによって感光させたゼラチンシルバープリント写真によるアート作品シリーズです。 
月光によって「ゼラチンシルバープリント」の作品がつくられる!!!???   
それには、まず、光の汚染が少なく、屋外で作業ができる場所を探し出し、そこに行かなければなりません。感光作業のために利用可能な時間は、満月、満月前の1日、満月後の1日、つまり、ひと月に、たったの3日間です。しかも、屋外であるために、天候の良し悪しは重要で、雨や曇りの日の操作は不可能です。   
通常、ゼラチンシルバープリントは、暗室で感光されます。通常の大きさであれば操作はひとりでできますし、フィルムを拡大して露光することも可能です。 しかし、KAZZ MOONシリーズの場合、月明かりによって行われるため、画像を拡大するという行為は出来ません。つまり、1分の1の大きさによるプリントを行います。今回の作品は、縦2m40cm x 横80cm という大型作品なので、そのサイズのフィルムが必要だということになります。  
 
そんな大型フィルムのプリントは、1回の操作で多くの作業が必要となり、1回の感光作業で、少なくとも4人の協力が必要となります。しかも、すべての材料は高価です。  
近年、大部分の写真技術がデジタル化されて、ゼラチンシルバープリントの需要は極端に減少し、用紙や感光液などの材料を扱う企業の数も少なくなって、価格は高騰しています。  
しかし、我々はこの難点に妥協することはなく、利用可能な最良の材料と技術によって月光によるゼラチンシルバープリントの作品を完成させました。  
美術館のアーカイブ規格に適合する方法で、作品の製作からフレームの仕上げまで作業をしています。すべてのプリントは長期保存が可能で、フレームなどに使用されているすべての材料も、長期間保管できる素材によってつくられています。  
その繊細できめ細やかな表現を、是非、ご高覧頂きたい。そんな風に考えております。

  ©KAZZ Morishita